写真や年賀状は思い出作りとして大切

最近はスマホが一台あれば、画像をいくらでも溜め込める時代です。年賀状を出さずにメールで済ませるという人も多くなってきました。しかし、実際にプリントアウトされた写真や手書きの年賀状があれば、後々まで思い出として残しておけます。データではないので失われる心配も少ないですし、家に置いておけばいつでも思い出に浸れて便利です。

神奈川で印刷業者を探す際のポイント4つ

目的に合った印刷をしてもらえるかどうか

神奈川県で印刷業者を探すなら、まず目的に合った印刷ができるかどうかに注目します。一口に印刷業者といっても、使用する印刷機の種類も違いますし、できる加工の種類も違ってきます。印刷ができる最大サイズも業者によって差があるので、問い合わせをして目的を達成できるかどうか調べることとなります。

コストパフォーマンスに優れているかどうか

同じような印刷をしてもらう場合でも、業者によって値段は細かく変わります。必要な部数を刷ってもらった場合いくらになりそうかは、ホームページでも確認ができます。製本にいくらかかったかで利益率が変わってくるので、コストパフォーマンスに優れている業者を選び出す必要性は高いです。

自社工場を持っている大手かどうかも大事

印刷会社には、自社で工場を持っているところと、そうでないところがあります。自社工場を持っている業者なら、スケジュールが迫っているときにも迅速に印刷を済ませてくれます。無理な依頼にも臨機応変に対応してくれることがあり、使い勝手は良くなります。ですから、まずは自社工場を持っているかどうかはチェックしましょう。

デザインからお願いができるかどうか

印刷業者の中には、デザインからお願いできるところもあります。本の内容は決まっていても、タイトルや表紙デザインが決まらずに困ることも多いです。その際にアドバイスがもらえると助かります。さらに、企画立案からチラシ印刷まで総合的に請け負ってくれる印刷業者もあるので、そうしたところを狙うのも一つの方法です。

製本機はコストパフォーマンスを考慮して選ぶ

印刷機

製本機の基礎や重要性を知る

製本機には、業務用のものと家庭用のものがあります。家庭用のものは数万円で購入が可能ですが、業務用のものは数百万円という値段設定になっていることも多いです。これがないと印刷をしても本の形にして綴じることができないので、その重要性は高いです。
製本と一口に言ってもその種類は豊富です。糊付けをするタイプのものもあれば、ホチキスやリングで留めるものもまであります。

数秒で製本できるという強み

業務用の製本機なら、一冊綴るのに数秒しかかかりません。これだけのスピードが実現しているために、大量部数の注文が来ても納期に遅れることがないのです。
ただ、家庭用のものでも製本には時間はそれほどかかりません。商品や綴じ方の種類にもよりますが、準備さえしっかりしておけば、作業には数秒しかかからないことも多いです。時間的なロスはほとんど気にする必要がありません。

コチラにも目を通しておこう

冊子

製本機の種類や製本方法などを把握しておく

卓上製本機なら、家庭やオフィスでも気軽に製本を楽しめます。重要な書類を本の形にしてまとめておくと管理はしやすくなりますし、販売目的のためにも使うことができて便利です。製本の種類は様々なので、目的に合ったものを購入する必要があります。

READ MORE

[PR]同人誌の作成は専門の印刷所にお任せ!
イベント締め切りが載ってる☆

[PR]年賀状に写真を印刷しよう
価格表を確認しておこう

[PR]チラシのデザイン作成から印刷まで対応してくれる
サービスを確認しよう

[PR]チラシの印刷は神奈川の業者にお任せ!
料金設定がリーズナブル♪

[PR]フライヤー印刷専門業者を厳選特集♪
激安価格で対応してくれる

広告募集中